Work ホスト

絶対に知っておくべきホストの罰金事情【トラブル回避に繋がります】

6月 13, 2021

・罰金がないお店を知りたい

・罰金の種類と相場を知りたい

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

暴露しちゃいますが、僕はホスト時代に遅刻しすぎて給料の半分ほどなくなった経験があります。

ぴっぴ
ちょー恥ずかしい過去です

 

これを見ている皆さんには、僕のように罰金まみれで給料がなくなることがないようにして欲しいなと思います。

以下目次に沿って解説していきます。

 

ちなみにホストクラブ=ヤクザみたいなイメージのある方はこちらも参考にしてみてくださいね。

【炎上覚悟】ホストクラブの闇を暴露します【闇社会の実態って?】

・ホストの闇社会イメージの実態って? ・ホストのバックって暴力団、ヤクザなの?   こういった疑問にお答えしていきます。   ホストって始めようと思っても ヤクザの絡みがありそう ってふと頭がよぎって足踏みしてしまいますよね。 ぴ ...

続きを見る

 

 

罰金のないお店ってあるの?【罰金がある理由も解説】

そもそも罰金がないお店ってあるのでしょうか?

ぴっぴ
選ぶなら罰金がないお店の方がいいですよね。

 

結論から言うとないです。

 

「そんなお金が欲しいのかよ」

って思われるかもでずが、

そんな幼稚な理由ではなく

罰金を設けている明確な理由があります。

 

  • お店の士気を高める為
  • 自分自身が変わるきっかけ
  • お店が損害を受けないようにする為

 

お店の士気を高める為

例えば一人の遅刻を罰金なしで許すと、全員が遅れるようになりお店全体の意識の低下に繋がります。

 

意識が低いと

  • 店売りにも影響してきますし、
  • お店が提要するサービスも低下します。
ぴっぴ
罰金がいい意味で抑制力になっていると言えます。

 

自分自身が変わるきっかけ

罰金があると本当に定刻に着く癖が身に付きます。

僕も遅刻しすぎで給料の半分を失って以来、仕事で遅刻することはなくなりました。

ぴっぴ
今まで20年間以上変われなかったのに変われました。

 

お店が損害を受けないようにする為

罰金もペナルティもないとなると、お店側に損害が出るケースが出てきます。

無断欠勤は来るはずのお客さんの機会損失になります。

罰金はお店側の損害を防ぐ意味合いもあります。

ぴっぴ
イメージしたらわかりますよね。

 

 

罰金の種類と相場は?【6種類あります】

罰金は様々な種類があります。

相場の罰金料金含めて以下解説していきます。

  • 遅刻
  • 欠勤
  • 無断欠勤
  • MT不参加
  • 爆弾行為
  • 掛けを飛ばれる

 

遅刻【10分/1000円】

定番中の定番です

金額はお店によって変わってきますが、

遅刻はちりつもで給料から多く引かれるので要注意です。

ぴっぴ
まじで痛い目に遭います

 

欠勤【3000円-】

夜職の人は情緒が不安定なこともあり、当日に欠勤する方も多いです。

その為欠勤にも罰金があります。

ぴっぴ
来るはずのお客さんが来れなくなるのは店側も損ですからね。

 

無断欠勤【5000円-】

欠勤と無断欠勤は扱いが全く異なります。

  • 欠勤     : 営業開始の1時間前に内勤に休む旨を伝える
  • 無断欠勤 : 営業開始まで全く連絡音沙汰なし

 

無断欠勤だけはお店の人とも関係性が悪くなります。

ぴっぴ
絶対に休む時は連絡一本は必ずしましょう。

 

MT不参加【1000円-】

MTは店の今後の方針を決める重要な機会です。

また士気感を高める意味合いも込められています。

ぴっぴ
事情がない限り休むと何かしらペナルティはあると思います。

 

爆弾行為【???円】

ホスト業界でやってはいけないタブーの一つです。

爆弾行為は結局誰も得しないものなので絶対にNG。

仮に掟を破ってしまうと損害は大きいので、罰金も大きいかもしれません。

ぴっぴ
女の子側から誘われても引っかからないよう注意です。

 

掛けを飛ばれる【???円】

これは気をつけても起こりうる事でもあります。

売掛は飛ばれてしまうとホストの自腹なので、何としても支払う義務があります。

ぴっぴ
特にホスト始めて最初の頃は要注意ですね。
ホストの売り掛けの基本情報から予防法まで解説【飛ばれた経験談あり】

・ホストクラブの売り掛けって? ・売り掛けの対処法や予防法を知りたい   こういった疑問にお答えしていきます。   本記事を書いている僕も実は売り掛けを飛ばれた経験があります。 本当に病んでしまったりもしたので、この記事を見ている ...

続きを見る

 

 

違法な罰金制度の一例を紹介【法的な面から解説】

罰金については労働基準法で定められています。

労働基準法 第16条(賠償予定の禁止)

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

 

上記の通り、基本的には

  • 備品を壊してしまったので罰金
  • ノルマを達成しなければ罰金
  • 店内の壁を破ったので罰金

 というものは原則として禁止です。

 

ですが、例外的に罰金制度が合法になる場合もあります。

労働基準法 第91条(制裁規定の制限)

就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない。

 

つまり条件を満たした上で、

  • 平均賃金1日分の50%以下か
  • 給料の10%以下

にしないといけないと定められています。

 

条件についてはこちらを参考にするといいです。

》https://toyokeizai.net/articles/-/161611

 

 

トラブルが起きた時の対処法【とにかく〇〇しよう】

遅刻程度の小さな罰金ならすぐに支払って済みますが、

掛けの自腹などの大きな罰金が発生した時はかなり精神的にも負担がかかります。

 

そんな大きな罰金が発生した時の対処法について解説します。

ぴっぴ
ここを知ってると余裕を持って対処できます。

 

そんな大きな罰金が発生した時の対処法は

  • 自分一人で解決しようとせず
  • 弁護士さんに相談したり
  • 信頼できる人に相談する

ことをオススメします。

 

自分一人で考え込んでも

  • 経験値も浅く
  • 客観的に考えられない状態

だと思います。

 

なので、トラブルが起きた場合はとにかく相談した方がいいと思います。

 

「逃げたらいい」

みたいな情報もネット上には転がっていますが、

個人的にはオススメではないです

 

仮に訴えられて「逃げた」と言う事実があると

  • 不利になるし、
  • 勝率も低くなります。
ぴっぴ
そうなってしまうと損ですよね。

 

逃げたくなる気持ちもわかりますが、

後々倍返しで痛い目に遭うだけです。

 

相談すると新しい考え方や発見が見えてくるので、

ぜひ実践して頂けたらなと思います。

 

こちらもオススメ
【炎上覚悟】ホストクラブの闇を暴露します【闇社会の実態って?】

・ホストの闇社会イメージの実態って? ・ホストのバックって暴力団、ヤクザなの?   こういった疑問にお答えしていきます。   ホストって始めようと思っても ヤクザの絡みがありそう ってふと頭がよぎって足踏みしてしまいますよね。 ぴ ...

続きを見る

実際に届いた未経験でホストを始める人のFAQ【給料の推移も公開】

・ホストを始めたいけど未経験でも売れるかな? ・とにかく怖いし、一部しか稼げないんでしょ?   こう言ったTwitterの質問箱にてよくある質問にお答えしていきます。   自身は何もかも分からない未経験・週2出勤で初めても半年で月 ...

続きを見る

ホストの仕事はきついので全員やめましょう【考えが甘すぎます】

・ホストのバイトできついところは? ・ホストの収入の変化って?   こういった疑問にお答えしていきます。   ホストは正直甘くないのが真実ですが、真面目に努力すれば稼げることも真実です。   厳しいかもですが、僕からした ...

続きを見る

 

 

© 2021 pipinavi